万が一車の鍵をなくした時には、どのような時に紛失して、どのような対処方法があるのでしょうか。短期間であれば、スペアキーを持っているので、その後の運転には支障はありませんが、長期間スペアキーでというわけにはいきません。

そこで、ディーラーでスマートキーの複製を作成してもらうことができますが、ディーラー以外でも鍵の専門店に依頼することで簡単に作成できます。 スマートキーの作成方法や特徴について詳しく紹介します。

車の鍵を紛失するとき

鍵をなくしてしまって鍵が開けられてすぐに運転できるようにするには、ディーラーや鍵屋に電話して来てもらう必要があります。どちらもすぐに車を開けることができますが、スマートキーがなければドアが開いた後でも運転できるわけではありません。

車の鍵はどのくらいの頻度で無くすのか

車の鍵をなくしてしまったら、合い鍵を持っていなければ自分では開けることができません。実際になくす頻度として車の鍵は何番目ぐらいなのでしょうか。一番なくしやすいのは、携帯電話です。携帯電話は、落としたり電車内で置き忘れたりなど、ついなくしてしまうことがあります。次に多いのが家の鍵です。家の鍵もポケットなどに入れていると落とすこともあります。

そして3番目になくすのが車の鍵です。現在の車の鍵はボタン式で押すだけで開くようになっていて、スイッチがついているキーとなります。鍵穴に差し込んで開けるカギはスペアキーとして用意されている車がほとんどです。

車の鍵をなくす順位は3番目で、非常に無くしやすいものとなっています。

鍵をなくしたことに気づいたときに最初にやるべきこと

知らないうちに車の鍵をなくしてしまったことに気が付いたとき、最初にやるべきことは何でしょうか。

鍵をなくした瞬間はできるだけ落ち着くことです。慌ててしまって間違った行動をとると、何をどうしたら良いのかがわからなくなってしまいます。そこで自分を落ち着かせるためには、まずは胸に手を当ててから鼻からゆっくりと息を吸って心を落ち着かせます。吸った後に、3秒間息を止めてから最後に息を吐きます。こうすることで、冷静な判断ができるようになります。

ディーラーか鍵屋に連絡をしてロック解除

鍵をなくして最初にやるべきは鍵を開けることですが、車をディーラーで購入した時などは、ディーラーに連絡すると、駆けつけてくれて鍵を開けてくれるところがほとんどです。それだけではなく、だれか悪質な人がカギを拾った場合の対策として、車の鍵自体を作り直すこともできます。なくした鍵が心配な人はディーラーに連絡して鍵を開けてもらうだけではなく、鍵の交換をすることもできます。

鍵屋さんに電話して来てもらってからその場で鍵を作ってもらうことができます。スペアキーをその場で作ってもらえるので、鍵の作成後そのままその鍵を使って運転し続けることができます。 ただし鍵屋に来てもらうと、必ず鍵を作成できるとは限りません。最新式の鍵の場合は、作成できない可能性もあります。あとはコストがディーラーよりも随分と高額になります。

車の鍵を紛失した時の対処方法

車の鍵をなくした時にどのような対処方法があるのでしょうか?実際にスマートキーをなくしてしまって鍵が開けられなくなったりした場合、鍵を探して見つける、ディーラーや車屋に電話して鍵を開けてもらう、鍵専門業者に依頼する、ロードサービスに電話するなどがあります。それぞれについて詳しく見ていきます。

ディーラーに連絡して来てもらう

車をディーラーから購入している場合は、何か車のトラブルがあったときにはディーラーへ連絡すると何か解決策が見つかります。今回の鍵を紛失した場合も、ディーラーに連絡をして来てもらってから鍵を開けてもらったあとに、合いかぎを後日作成してもらうことができます。

鍵の中でもスマートキーの作成をする場合は、非常に高額になります。ディーラーにスマートキーを作成してもらっている間は、スペアキーを使ってから出来上がるのを待つことになります。

鍵屋に来てもらって開けてもらう

鍵を紛失してしまってどうしても見つからない場合の早急な対応をする場合、一番早くできるのが鍵屋です。鍵屋は他のどのようなサービスよりも早くできます。

鍵屋にはいくつか大きな企業があります。その鍵屋に依頼して鍵を作ってもらうことは簡単にできます。シリンダータイプとイモビライザー付きの鍵のどちらでも作成できます。料金がかなり高くなっていて、シリンダータイプは15000円~25000円程度かかり、イモビライザー付きの鍵の場合は38000以上かかります。

JAFなどの専門業者に依頼する

鍵の紛失の場合、JAFなどの専門に来てもらうと無料で行ってくれます。JAFなどの場合は、鍵を紛失してからドアのカギを開けるか、けん引して運びたい場所に運ぶまでの料金を会員であれば無料でできます。会員でなければ12000円程度の現金場合となります。移動する距離は15㎞までは無料でけん引できます。

JAF以外でも任意保険に入っている場合、付属でロードサービスがついている保険会社がほとんどで、無料で鍵開けと車の移動はついています。まずは車を移動させるために鍵を開けるか車を移動させることが最優先です。

警察に届ける

車の鍵をなくした場所がどこだかはっきりしない、置き忘れている可能性の場合は、警察に届けてから探してもらうこともあります。警察に行くと、遺失届を提出しなければいけません。落とした日時や住所など詳しく書かなければいけません。

そこで、警察ではできるだけわかっていることを詳しく書いておく必要があります。そうすることで見つかりやすくなります。

できるだけ鍵の特徴をしっかりと書いてから見つかりやすくすることで、届け出が出た時にわかりやすく、路上や公共施設で落としたり忘れたりしている場合は見つけやすくなります。

スマートキーの複製を作る

スマートキーの複製は簡単に作れるのでしょうか。

スマートキーの複製を作るにはディーラーに依頼すると確実に作ることができます。ただ、作成するまでの期間が長くなるのと、作成料金が非常に高くなります。その点鍵屋で作成してもらうと、もっと短い期間で作成できて、料金尾方も割安になります。

スマートキーは簡単に作成できるの

スマートキーを紛失してしまって、新しい純正のスマートキーをディーラーで注文すると相当の日にちがかかります。簡単にスマートキーの複製が作成できないものでしょうか。

今回スマートキーを短時間で作成するには、鍵屋でスマートキーを作成すると短時間で複製を作ることができます。電子認証が必要ないような場合は、鍵屋でも複製を作成できます。複製を作る期間と料金もディーラーに依頼するよりは安くなります。ただし認証が必要なスマートキーの場合は、鍵屋では作れません。

スマートキーの仕組み

そもそもスマートキーとはどういうものなのでしょう。スマートキーは各自動車メーカーによって大分違う点があります。トヨタはスマートキーと呼びます。日産ではインテリジェントダイハツのキーフリーなど様々な呼び方があります。

車のスマートキーを紛失しないようにするためには

スマートキーは紛失してしまうと後が大変です。紛失してから対処するのではなく、紛失する前に落とさないようにすることで、スマートキーをなくさなくて済みます。できるだけスマートキーを紛失しないようにするための対処法としていくつかありますので見てみましょう。

スマートキーの携帯方法を考える

車の鍵をなくしてしまったときには対応しなければいけません。鍵をなくさないようにするための防止策として、携帯紛失防止タグというものがあります。

スマートキーを紛失してしまわないためには 持ち歩くときに工夫をすれば落とすことがほとんどなくなります。スマートキーを持ち歩くときに、免許証と同じように扱うことで紛失防止に繋がります。スマートキーに鈴などの音が鳴るキーホルダーを付けることで、落としたときに音がするので、すぐに気が付きます。

音がしなくても大きめのキーホルダーを付けているだけでも違います。

スマートキー紛失防止タグをつける

紛失防止用のタブが販売されていて、タグをつけることで、紛失しても安心できます。タグには、置き忘れた時にアラームが鳴るようになっていて、音で知らせてくれます。置き忘れだけではなく、落とした場合でもその場所を離れるとアラームが鳴るので、なくす前にタグが音で知らせてくれます。

車の鍵を紛失した時の対処法とスペアキーの作成方法まとめ

まとめ

車の鍵を紛失した時の対処方法や、紛失しないようにするための防止策について紹介してきました。 特に現在の車の鍵は従来の鍵と違ってスマートキーになっていて、一度紛失してしまうと後が大変です。

落としたときに素早く対処するための方法をいくつか紹介しているので、よく鍵を落とす人には目から鱗の情報ではないでしょうか。

車鍵紛失および修理最安値に挑戦中!

初回限定1000円OFF

【2019年07月21日 19時49分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。