イモビライザー搭載車のキーを全て紛失してしまって自力でディーラーまで行かなければいけなくなったときに、どこに依頼して持っていけばお得なのかを詳しく検証してみました。

鍵の紛失に対応できる業者はいくつかありますが、その中でもどこがいいのかについて色々な角度から検証してみました。お気に入りのスマートキーの作成をするためだけなので、できる限り最大限の努力も必要になります。

緊急車両

マスターキー・スペアキーすべてのキーを紛失してしまった

今の鍵は非常に便利になっています。荷物を両手に持っていて両手がふさがっていてもスマートキーがあれば大丈夫です。勝手にドアの開錠ができて、荷物を載せるときには楽できます。

そんなスマートキーですが、紛失してしまったときは大変です。開錠ができないどころかエンジンの始動もできません。それでもスペアキーがあれば何とかできますが、スペアキーもなくしてしまった場合は、車は放置するしか方法はありません。そんな状況になったときに何をしなければいけないのかを詳しく紹介します。

スマートキー・スペアキー全てを紛失した場合の対処

スマートキーとスペアキーの両方をなくしてしまった場合、どうしようもない絶望感にさいなまれるかもしれませんが、何か解決策があるはずです。そこでまずやらなければいけないのが、外出中の場合だったら、手持ちの荷物の中を全てチェックしてどこかに紛れ込んでいないかを見つけなければいけません。それでも見つからない場合はどこかに置き忘れたか落としたかのどちらかになります。

開錠ができたとしてもイモビライザー付きのスマートキーだとエンジンを始動することができません。そんな場合は、やはりスマートキーを作成するしか方法はありません。スペアキーもないわけなので、できるだけ早くスマートキーを作成できるように手配するしか方法はありません。

最初にやらなければいけないのが、近くの交番へ行って遺失届を提出します。遺失届を提出しておけば、後で見つかったときに連絡がきます。それから鍵屋やロードサービスに連絡して現地へ来てもらいます。現地では、レッカー移動するにしても開錠してもらえる業者に連絡をするほうが先です。

鍵業者に依頼する

警察へ遺失届を提出してから紛失した鍵の対応をしなければいけません。まずは鍵屋かロードサービスへ連絡して現地で開錠してもらいます。開錠できれば、その後レッカー移動することになります。移動してからスマートキーの作成依頼ができます。

おすすめは鍵屋へ依頼することです。現地への到着がはやいのが鍵屋で、イレギュラーな対応も苦にせず対処してくれます。こちらが望んでいることを忠実に実行してくれるのが鍵屋ではないでしょうか。

自力でディーラーへ納車する方法

鍵の紛失時に依頼する業者が決まったら、あとは鍵の開錠を行います。依頼した鍵屋かロードサービス業者に来てもらってから、車の移動先を決めて開錠と移動準備をします。スマートキーとスペアキーの両方を紛失しているので、移動先はディーラーとなります。鍵屋かロードサービスに依頼した場合は、そのままディーラーへ移送してもらいます。

まずは鍵の開錠はどうするの?

最初に鍵の開錠を行います。JAFや保険会社のロードサービスを利用するとほとんどが無料で開錠してくれます。開錠はどこに依頼してもできますが、できるだけ依頼しやすくてお金がかからない業者を選びます。開錠後にレッカーの手配までしてくれるところが一番です。

今回その中でもロードサービスに依頼してレッカーの手配を行います。開錠とレッカー移動の両方を提供している業者であれば、手間が省けて楽に開錠からレッカー移動までできます。

ディーラーへ納車するためのレッカーの手配

開錠とレッカー移動の準備ができたら、ディーラーへ移動してもらってキーの作成の手続きを行う必要があります。スマートキーを作成するのに車を購入したディーラー以外でも対応して貰えるので、外出先が遠方の場合は、最寄りのディーラーへレッカー移動してもらってからスマートキーの作成手続きを行います。

これは全国にネットワークを持っている業者に依頼することが必須です。自分で開錠からディーラーへのレッカー移動を、全て一カ所で行うのが依頼するほうからしたら楽ですが、なかなか見つかりそうにありません。

レッカー移動するときのおすすめの業者は?

レッカー移動を依頼するときは車が動かせなくなったときになります。車のレッカー移動をしてディーラーへ移動させなければいけません。ディーラーは独自のサービスを提供していて、開錠から移動までディーラーによっては無料で行ってくれる業者もあります。

レッカー移動の業者別の特徴

レッカー移動を行ってくれる業者にはロードサービスがあります。あとは自動車修理工場などもレッカー移動を行ってくれます。鍵を紛失してレッカーで移動をしてもらえる業者でロードサービスとディーラー、そして中古車業者などを料金とサービス面の両方で見比べていきます。

まずは中古車業者や修理業者もレッカー移動をしてくれるところはあります。専門ではないので、他の業者に比べてみると若干高くなります。鍵の紛失の時に利用するにはあまりおすすめできません。

次にロードサービスによって鍵を紛失した車をレッカー移動してもらう場合、会員制のJAFと保険会社のロードサービスの2種類があります。JAFは昔から営業していて、有名なロードサービスです。車のトラブルのプロで会員になっていれば無料で移動してくれます。ただし、鍵の紛失のためだけに有料会員になるのはおすすめできません。

最後が任意保険に標準でついているロードサービスですが、鍵の紛失の時に開錠と車のレッカー移動は無料でしてくれます。ただし保険会社によってサービスの内容が少し違います。

おすすめのレッカー移動業者は

レッカー移動をしてくれる業者の中でいったいどこが良いのでしょうか。ロードサービス、中古車業者・修理業者がありますが、このなかで鍵の紛失をしたときにおすすめなのが無料で行ってくれるロードサービスとなります。

ロードサービスにはJAFと保険会社がありますが、その中でもおすすめなのが保険料の中に標準で開錠とレッカー移動が含まれているロードサービスがある保険会社です。レッカー移動ではJAFの15㎞に比べて最大100?mまで無料で移送してくれる保険会社もあります。

すべての鍵を紛失した時の業者選びの注意点

車の鍵を紛失した場合は。できるだけ鍵屋とロードサービスは必須です。レッカー移動をしてもらうときに、高額のレッカー移動業者もあるので、間違った選択をしてしまうと通常以上の料金を取られてしまう可能性があります。できるだけ安く開錠とレッカー移動をするには正確な情報を知っておく必要があります。

合い鍵を作るときに必要なもの

スマートキーを紛失した時に必要な物があります。その中でも大事なものとして、車検証と運転免許証がないと作ってもらえません。鍵を紛失して新たにスマートキーを作成するときには書類が必要になるということを覚えておきましょう。

ディーラーへ車を持ち込んでからスマートキーを作成しようとしても、車の持ち主が本当に本人なのかを証明できる書類が必要になります。勝手にスマートキーを作って盗難車だったらいけないので、身分の確認と所有者だということがわからなければいけません。そのためにも顔写真と身分証明書は用意しておかなければいけません。

この2つの証明書を持ってディーラーへ作成依頼を提出しなければいけません。ディーラーでスマートキーを作成するために車をレッカー移動させるときには、運転免許証と車検証を持っていなければいけません。

鍵を紛失してしまった後の鍵作成のために開錠とレッカー移動はこうするまとめ

まとめ

車の鍵を紛失した時の車のレッカー移動を自力で行う方法を詳しく紹介してきました。レッカー移動をしてからスマートキーを作成するときにどこに依頼するのがベストの選択で、移動後に作成時に必要な書類があります。

ディーラーに依頼するときには十分に検討してから依頼先を決めて、スマートキーの作成を行います。

車鍵紛失および修理最安値に挑戦中!

初回限定1000円OFF

【2019年05月24日 12時01分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。