ホンダ車のフィットのスマートキーを紛失してしまいました。この場合の開錠・レッカー移動・鍵の作成までの作業をしてもらうのにはディーラーが良いのか他の業者が良いのか検証してみました。

ディーラーにスマートキーの作成を依頼すると相当高額になります。その点他の業者に依頼するとディーラーよりも大分安く作成できるのでしょうか。紛失したスマートキーの作成をディーラーに依頼するかその他の業者に依頼するかどちらがユーザーにお得なのかについて詳しく紹介しています。

フィット|Honda:スマートキー

画像引用元:フィット|Honda:スマートキー

ホンダのスマートキーを紛失してしまった

ホンダのフィットを所有していますが、外出時にスマートキーを紛失してしまってどこで無くしたのかが全く見当もつかないので、スマートキーを作成しようとすぐ近くのホンダのディーラーへ連絡をして店頭を訪問しました。

スペアキーも所有していなかったので歩いてディーラーへ行きました。フィットのスマートキーの作成にいくらかかるのか全く見当も付かなかったので、概算でいくらくらいになるかを聞いたところ、すべての作業を含めて20万円くらいかかるということでびっくりしました。もっと安くできるのではと思っていましたが予想外の答えが返ってきてキーの作成をするかしないかを迷ってしまって、その後鍵屋へ連絡して紛失した件を話すと、鍵の作成は短時間でできるかを聞くと、2時間前後で現場にて作成可能ということでした。

作成料金を概算で出してもらって10万円程度でできるということなので、その時は鍵屋に現地に来てもらって作成してもらうことにしました。今回は鍵屋がディーラーよりも格段に安くスマートキーを作成してくれて時間も短時間でできました。一般的にスマートキーを作成してもらうのに鍵屋とディーラーはどのくらいの料金の差があるのか比較してみました。

フィットのスマートキーについている機能にイモビライザーがあるため、作成するときには必ず車検証と免許証などの本人証明が必要になります。

ホンダフィットのスマートキーの特徴

ホンダフィットのスマートキーを紛失した時になぜ高額になるのかを知るためには、まずは機能面をしっかりと把握することが重要です。フィットの標準でイモビライザー付きのスマートキーとなります。

スマートキーだと、ドアノブに触れるとドアロックが解除されて、降りるときもドアノブのボタンを押すと施錠されます。スマートキーにもドアロックの開錠と施錠のボタンがついていて、車から数m離れていてもドアの開け閉めができます。スマートキーの中には鍵が入っているので、鍵でも開錠と施錠ができます。スマートキーには鍵穴に挿し込み式の鍵が内蔵されています。

ホンダフィットにはイモビライザーシステムがついていて、盗難防止装置として十分な機能がついています。さらに、これだけの機能がホンダフィットについているので、スマートキーを紛失した時にキーを作成するにはそれなりの費用が必要です。

ホンダのディーラーへ依頼した場合の料金

ホンダフィットのスマートキーの作成には、機能面を考えると他車種のスマートキーよりも値が張るのは理解できるのではないでしょうか。ただし鍵1つ作成するのにディーラーへお願いしたら、20万円かかると言われてしまって、もう少し安く作成してくれる所はないのかと思ってしまいました。いくら何でも20万円は高くないと思っていたのですが、盗難防止機能の充実を考えると、仕方がないことなのかもしれません。

スマートキーを紛失してしまった時は、ドアの開錠と車の移動をしなければいけません。開錠と移動に関してはディーラーではなく、別の業者に依頼してスマートキーの作成をディーラーに依頼するほうが、間違いなく安心して任せられる方法ではないでしょうか。

まずは鍵の開錠はどうするの?

鍵屋による鍵の開錠の料金は3000円~6000円というのが相場です。鍵の開錠は保険会社のロードサービスなどはほとんどが無料でできます。現金の持ち合わせがない場合はロードサービスに依頼するのもいいのではないでしょうか。ただし、ロードサービスの場合は、年会費を払って会員になっている必要があります。保険会社のロードサービスを利用すると、翌年の保険料が上がるので、その辺は知っておく必要があります。

ディーラーへ納車するためのレッカーの手配

鍵の開錠をしないでそのままレッカー移動をする場合は、鍵屋が料金的にも安く対応が早いので便利です。鍵屋に連絡して現地へ来てもらい、ドアロックの開錠とレッカー移動を行ってもらいます。移動はディーラーへ行ってからスマートキーの作成手続きを行います。

ディーラーでは一般的に鍵の開錠やレッカー移動などのサービスは行っていません。ただし、営業と仲良くなった場合、レッカー移動を行ってくれる親切なディーラーもあります。

ホンダのディーラーで鍵を作成するときの手順と料金

ディーラーへ車の移動が済んだら、次はスマートキーの作成の手続きに入ります。フィットのスマートキーを作成するときの料金も割高になるようです。作成するときは車検証と本人確認書類などの本人証明が必要になります。行きなれたディーラーでも確認書類として車検証と運転免許証は提出しなければいけません。

書類の手続きが終わるとあとはスマートキーの作成に入ります。スマートキーの作成を行うときには高額料金が必要になります。一般的なディーラーのフィットのスマートキーの作成料金は15万円から20万円程度かかるようです。支払いは作成後スマートキーと引き換えになる所がほとんどです。現金だけではなくクレジット精算もできるので、支払い時にお金を持っていなくても支払いはできます。

ホンダ以外の業者でスマートキーを安く作成できるの?

フィットのスマートキーの作成はホンダでしかできないのでしょうか。ほとんどの人がスマートキーはディーラーでしか作成できないと考えているようですが、実際は違います。鍵専門で事業をしている業者であれば、フィットのスマートキーを作成できます。

鍵屋であればほとんどの業者でフィットのスマートキーの作成は可能で、料金的にもディーラーの半額以下でID登録を含めたすべての作業ができます。費用面だけを考えると鍵屋でスマートキーを作成してもらった方が安く出来上がります。

中には、紛失してしまった場合でも、現地でスマートキーを作成することもできます。作成できる鍵もあります。ホンダフィットに関しては、作成するまでに数時間を要します。それでも、ディーラーよりも短い期間で作成できます。

レッカー移動を業者別の特徴

スマートキーをディーラーに作成してもらうためには、現地では作業できないため移動しなければいけません。レッカー車を使って鍵を紛失した車を移動することになります。レッカー車の手配ができる業者と言えばJAFや保険会社のロードサービスで、ほとんどの場合無料でできます。移動距離に制限距離数がありますが、家の近所でスマートキーを紛失した場合は、JAFや生命保険会社のロードサービスは無料になります。

ロードサービスを利用する場合は開錠ができるところがほとんどですが、基本無料でできますが有料になる場合があります。鍵の作成まではできないため、作成してくれる業者へ移動するだけのサービスとなります。

ディーラーへレッカー移動した場合は、スマートキーの作成は安心して任せられます。鍵屋へレッカー移動してもスマートキーの作成は簡単にできますが、安心感の面で不安という人には、ディーラーへレッカー移動してスマートキーの作成手続きをすることをおすすめします。

おすすめのレッカー移動業者は

ここまでホンダのフィットの開錠とレッカー移動について紹介してきました。ここまでの作業と鍵の作業であるスマートキーの作成を考えると、鍵屋に依頼しても開錠から移動とスマートキーの作成まですべての作業ができます。

鍵業者に依頼した時のホンダフィットのスマートキーの作成を見てもらうとすぐにわかります。鍵業者であれば開錠後スマートキーの一連の流れを踏まえると、ディーラーへ移動させてからスマートキーの作成まで終わらせることはできます。

ホンダフィットの開錠とレッカー移動などすべての作業ができるのが鍵業者で他のどの業者よりも利便性が高く利用価値はあります。現金の持ち合わせがなければできるだけ安く済むロードサービスとディーラーを利用した方が良いかもしれません。

ホンダのスマートキーの作成はディーラーがお得なの?それとも他業者がお得なの

鍵を紛失してから開錠・レッカー移動・スマートキーの作成の3つをトータルで考えるのではなく、鍵の作成だけで考えるとディーラーに依頼した方がいいのか、その他の業者に依頼した方がいいのかは各自の判断になります。しかし、料金面だけで見ると、ディーラーへスマートキーの作成を依頼した場合、約20万円の費用が必要になります。他のメンテナンスや修理などをディーラーに全て任せているようなユーザーの場合であれば、スマートキーの作成に20万円かかっても依頼する価値はあります。費用面だけで考えるとディーラーへ依頼するのは得策ではありません。

ディーラー以外でホンダフィットのスマートキーを作成できる業者にはいったいどのような業者があるのでしょうか。ディーラーは高いので、他の業者に依頼したいという人におすすめなのが、鍵屋です。鍵屋の場合、ディーラーよりもスマートキーの作成料は安くなっていて、ホンダフィットのスマートキーを作成するときにかかる費用としては、約10万円しない程度で作成できます。ディーラーの約半額の費用でスマートキーの作成ができるわけです。できるだけ安く済ませたい人には鍵屋でスマートキーを作成することをおすすめします。さらに鍵屋は、鍵の紛失時に開錠やレッカー移動まで行ってくれます。これら全部の費用を合わせてもディーラーのスマートキーの作成料の20万円までかかりません。

ホンダのスマートキーを紛失した時の解決法まとめ

まとめ

ホンダ車のスマートキーを紛失した時に、現地から車のレッカー移動を自力で行う方法を詳しく紹介してきました。レッカー移動をしてからスマートキーを作成するときにどこに依頼するのがベストの選択で、移動後に作成時に必要な書類があります。

ディーラーに依頼するときには十分に検討してから依頼先を決めて、スマートキーの作成を行います。今から自動車保険に入ろうと考えている人には参考にできるのではないでしょうか。

車鍵紛失および修理最安値に挑戦中!

初回限定1000円OFF

【2019年07月18日 05時56分現在】 ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。